犬の鼻や呼吸器について、犬の健康を維持する事で本来の力に貢献

愛犬のため・愛猫のため

Pet-News

犬の呼吸器について

蓄膿症

犬の鼻腔に膿がたまったり粘膜がただれてしまう病気です。

蓄膿症の症状
慢性的な鼻水によっていつも鼻をぐじゅぐじゅさせています。嗅覚がにぶってしまいます。
そのために食欲がなくなり、動きも鈍くなっていきます。

蓄膿症の原因
副鼻腔炎が進行したり、慢性化する事によっておこります。

鼻炎・副鼻腔炎

犬の鼻腔内や鼻粘膜の炎症を鼻炎と言い、炎症が前頭洞などの副鼻腔にまで達したものを
副鼻腔炎と言います。

鼻炎・副鼻腔炎の症状
くしゃみ・鼻水がでます。悪化すると膿のような粘り気のある鼻水に変わり出血が
見られる場合もあります。炎症がひどく鼻腔がふさがると息を吸いこみずらくなり
呼吸困難のように苦しくなります。鼻腔の奥は脳と近い為、病気が鼻腔の奥に
までいくと痙攣や発作等の神経障害を起こすこともあります。

鼻炎・副鼻腔炎の原因
カビやほこりによるアレルギー、排気ガスや薬品等の刺激臭を吸い込み鼻の粘膜が
刺激を受け炎症を起こすことがあります。細菌感染・ウィルス感染・真菌感染
(若齡〜中年齢層に多い)・異物性・外傷性・先天性・腫瘍等が挙げられています。

気管支炎

犬の気管支の粘膜やその周囲の組織に炎症がおこります。その炎症が咽喉頭や鼻腔におよんだり、
細気管支(枝分かれした細くなった末端のほう)や肺に進行したりします。

気管支炎の症状
咳が主な症状で朝方に咳き込む事が多いようです。咳の刺激によって吐き気を伴う事もあります。
犬は症状が重くなると触られるのを嫌がり、少しの運動でもひどく咳が出る事があります。
細菌感染がある場合は発熱し粘土状の鼻水を出すようになります。他、胸部や喉の痛み・発熱・
食欲低下・元気がなくなる・呼吸音がおかしくなる(ゼーゼー)・呼吸困難等があげられています。

気管支炎の原因
ウィルス感染や細菌感染によって起こりますが、煙による刺激や異物・アレルゲンなどの吸入・
細菌やウィルスによる感染気管支の炎症性疾患です。他、アレルギー・化学物質・
首輪の閉めすぎによる圧迫・腫瘍等の原因があります。

気胸

胸に空気がたまり肺に空気が溜まらなくなる病気です。肺は肋骨で囲まれた胸腔の中にあり
守られています。胸腔は通常、外とは隔たっていて、気管だけがそこから出て
空気の出入り口になっています。その胸腔に外傷等が原因で穴が開くと空気が胸腔に入り込み、
肺が正常な呼吸により広がるのを妨げます。

気胸の症状
胸部の痛み・呼吸困難・咳・よだれ・吐血等がみられます。運動困難になって犬は前足を
つっぱって動く事を嫌がるようになります。無理に運動させると呼吸困難がひどくなることが
あります。

気胸の原因
他の呼吸器の病気(肺炎・気管支炎など)によって起こる場合や犬同士のケンカ・外部からの
圧迫・交通事故等が挙げられています。

胸膜炎

胸膜が炎症する病気です。胸膜とは胸腔の内側をおおっている膜です。
この膜の一部または全部が炎症をおこします。

腹膜炎の症状
発熱・咳・呼吸が荒くなる・悪化すると痩せてきます。運動するのを嫌がり、
横になって寝ることが出来ず、いつも前足を突っ張るような 姿勢をとるようだと
重症といわれます。他の呼吸器の病気とは違い、鼻汁がでないのが特徴と言われます。

腹膜炎の原因
肺炎からの併発・ウィルスや細菌感染・ケガ・腫瘍があげられています。

肺炎

肺炎
ウィルスや細菌・寄生虫等の感染症が進み、肺と気管支の重い炎症を併発することが肺炎
です。冬の乾燥していて寒い時や雨の多いときは、犬も環境的なことが原因でストレスとなり
免疫が低下しウィルスや細菌に感染しやすくなります。肺炎は炎症の発生箇所や原因に
よって様々な症状がでます。

細菌性肺炎
細菌性肺炎の場合は細菌感染による肺炎を言います。病原や病状の進行により
異なりますが、通常、発熱・咳・元気消失・鼻汁・呼吸困難などが挙げられています。

真菌性肺炎
真菌性肺炎の場合は かび性肺炎ともいい、真菌や酵母の吸引によって引き起こされる
肺の慢性炎症性疾患を言います。発熱・咳・元気消失・鼻汁・呼吸困難などが現れ、
あわせて体重の減少や網膜炎などが見られる様になると言われています。

アレルギー性肺炎
アレルギー性肺炎は急性又は慢性のアレルギー性肺炎を言います。何らかのアレルゲンの
吸入に対し過剰反応や フィラリア・回虫などの寄生虫に対して過剰反応が原因と
言われています。咳や食欲減退、奇妙な咳の音をすると言われます。

気になる様子がある場合は早めに獣医さんに診察してもらいましょう。  

おすすめ:紹介

犬や猫の健康と免疫力維持に口コミの良い注目のサプリメント