猫の
皮膚病

動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わり、
この免疫機能がホコリやダニなど普通は反応しない物に過剰に働いてしまう為、
体に害を与えてしまう事があります。これをアレルギーと言って、その原因となる
物資がアレルゲンです。
皮膚病の症状 強い痒みのため猫はしきりに引っ掻いたり舐めたり咬んだりします。その為皮膚が傷つき、
表皮がはがれて潰瘍ができたり出血したり、体液がでてジュクジュクしたり、それが
乾燥してフケのような物がでてきたりします。猫の皮膚病が悪化すると脱毛や毛が
薄くなっりします。アトピー性皮膚炎や食物性アレルギーは外耳炎を伴う事もあり、
皮膚病の種類により症状が現れやすい箇所があり、皮膚病が進行・悪化するにつれ
患部は全身へと広がります。
皮膚病の原因 皮膚病を治すにはアレルゲンを取り除く事と、免疫機能を正常に働くようにする事が
とても大切。猫の生活環境や最近の食べ物の変化などからある程度の原因物質を
特定でき、可能性のあるアレルゲンを与えて反応を見る事で原因を特定できれば、
できるだけ生活の中から排除します。しかし、アレルゲンを特定できない事も多くあり、
ほこりやダニを完全に排除する事は非常に困難です。皮膚病を発症すると、
治った様に見えても再発する事もある為、長期間根気強く対処する事と、
常に体や被毛のチェック等を行うことが必要です。
その他 皮膚病について 皮膚病とアレルギーの種類や、皮膚と毛の仕組みと働きについてはこちら

 前のページへ戻る
猫の
アトピー性皮膚炎

ホコリ・ダニの糞などを鼻や口から吸引し、普通は反応しない物に過剰に働き体に
害を与えてしまう事があり、これがアトピー性(吸引性)皮膚炎です。
症状 皮膚病のアトピー性皮膚炎は強い痒みの為、患部を頻繁に掻く仕草が
見られ、その為皮膚が傷つき、ただれ炎症や脱毛がおこったり、
また、皮膚の一部が厚くなり乾燥する事もあります。
原因 あらゆる抗原がアレルゲンと言われ、ハウスダスト・ノミ・食物・花粉・菌・免疫不全
などが挙げられています。痒みの他の原因(細菌感染、外部寄生虫、
食物やノミ)と区別することが重要で、原因を特定することが先決です。
治療法はアレルゲンが特定できた場合は、それを排除する事です。
被毛や環境を清潔に保つ事を心がけ、外用薬や内服薬の投与が主に行われていますが、
免疫機能が正常に働くように薬の補助としてサプリメントが多く使用されています。
 
猫の
接触アレルギー

ある特定の物質等に接触すると、普通は反応しない物に過剰に働いてしまう為
体に害を与えてしまう事があります。
症状 皮膚病で接触アレルギーの症状は、特定物質に接触した部位(皮膚等)の
かゆみ・発疹・脱毛が見られ、特に体毛が少ないお腹や、首等に多い様です。
原因 原因物質は数多くあり、例えば壁に使用されている材料・食器に使用されている
化学物質・雑草など様々です。皮膚炎が起きている体の場所を把握する事が
大事です。首にだけ病変が見られる場合は首輪が原因と言うことが推測され、
口にだけ病変が現れているのであれば、食器がアレルゲンと推測でき、
よく発症部位や症状を観察し、アレルゲンを特定することが大切です。
原因物質が明確になれば、それを取り除く事が有効です。普段からの規則
正しい生活や、原因を特定できれば、首輪等は革製のものに変更したり、
食器やシーツを変えたりできるので、比較的完治する可能性が高いです。
 
猫の食物アレルギー
食物に含まれる成分を摂取する事で、普通は反応しない物に過剰に働いて
しまい体に害を与えてしまう事があります。
症状 食物アレルギーは、激しいかゆみ(お腹・腰等)発疹・脱毛が特徴で、
その他発熱・下痢・嘔吐も見られます。
原因 原因・・肉・卵・牛乳・添加物等の食物や、特定の食物(そば・小麦粉等)に
体の免疫細胞が敏感に反応する事が原因です。食事を変更(低アレルギー食等)
して症状を観察し、診断を確定する事が必要です。
食事変更によって、多くの猫は早くかゆみが消失しますが一部ではかなり長く
かかって痒みが消失する場合もあるので痒みが消えるまで2ヶ月〜3ヶ月は
観察する必要がある様です。さらに以前に与えていた食事を再開して、
早くかゆみや症状が再発すれば因果関係が明らかになります。低アレルギー食の
期間中、食事は家庭調理の食事と水だけで行い、次に1種類ずつ新しい
食品を加えていく事で、痒みや症状が出ない成分を含まない食品を
探し出すことが可能になります。
  
猫のノミアレルギー
ノミの場合は寄生による一般的な皮膚病と、アレルギーによって起こる場合があり、
ノミにかまれた時にノミの唾液に含まれるハプテンという物質が猫の体に入りアレルギーを
おこし、これがノミアレルギーと言って原因となる物資(ノミ)をアレルゲンと言います。
ノミによる皮膚病は、猫の皮膚科で最もよくみる皮膚病と言われます。
耳の後ろや背中から腰にかけてや、肛門や陰部の周りに多く発症。
症状 ノミによる皮膚病の症状は、かさぶたと脱毛が特徴です。強い痒みを
伴う為睡眠不足や元気が無くなったりします。又寄生しているノミが多い場合には
血を吸われて貧血も起こります。
原因 ノミの寄生が原因です。ノミによる刺傷や体質がノミに対するアレルギー反応を起こします。
根本治療は免疫力の向上と、被毛や環境を清潔に保つ事を心がけ、体や環境から
ノミを完全に駆除する事です。ノミの駆除は動物の身体に寄生している成ノミだけでなく、
・小屋等にはノミ殺虫剤などで徹底的に駆除し敷物・カーペット・布団・タタミ等の
環境にいるノミ(卵や幼虫も)を駆除します。外用薬や内服薬の投与が主に行われて
いますが、免疫機能が正常に働く様に薬の補助としてサプリメントが多く使用されています。
 
猫の内分泌性皮膚病
皮膚や被毛に大きな影響を与えるのが甲状腺ホルモンと副腎皮質
ホルモンです。ホルモンのバランスが崩れ発症する皮膚病を内分泌性(ホルモン性)
皮膚病と言います。動物の体内では色々なホルモンが分泌され、体内環境・臓器
・組織の働きを調節しています。皮膚や被毛もホルモンの影響を受け、
その為ホルモンバランスが崩れると皮膚炎や脱毛をする事があります。
皮膚病で内分泌性皮膚病は、ホルモン異常で起こる皮膚病で左右対称に
毛が抜けて、他の猫の皮膚病と違い痒みがほとんどないとも言われます。

内分泌性(ホルモン)による皮膚病の種類
■甲状腺機能低下症■ 甲状腺機能低下症はこちら
何らかの原因で甲状腺が萎縮すると甲状腺ホルモンの分泌が低下(甲状腺機能
低下症)します。このホルモンには毛の発育を助ける働きが備わり、不足すると毛が
切れたり抜けやすくなり、甲状腺機能低下症でも、首や胸をはじめ全身に
左右対称に毛が抜ける事があります。元気がなくなる・食欲亢進・肥満になる
・動作が鈍くなる等の症状も見られます。

■副腎皮質機能亢進症■ 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)はこちら
副腎皮質ホルモンは何らかの原因で分泌が多すぎる(副腎皮質機能亢進症又は
クッシング症候群)と脱毛が現れ、副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)を長期間
使用している場合にも分泌過剰になり、主な症状は脱毛です。
副腎皮質機能亢進症の脱毛は胴体が中心で頭や足にはあまり起こりません。
脱毛部分は皮膚が薄くなったり乾燥したり、脱毛以外に大量に水を飲む
・尿の量が増える・大量に食べる等の異常が現れます。 
その他 皮膚病に
ついて
皮膚病とアレルギーの種類や、皮膚と毛の仕組みと働きについてはこちら




 前のページへ戻る
 
犬や猫の病気でお悩みの飼い主様へ、
犬猫用サプリメント【アガペットゴールド】をご紹介しています。


HOME 製品案内 免疫力の必要性 お客様のお声 会社案内 お買い物 ご飲用について